×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


うる星やつら めぞん一刻

めぞん一刻って何?


めぞん一刻って何!?


っと尋ねる方は、意外と多いと思います。

「うる星やつら」「らんま1/2」「犬夜叉」と大ヒット作を連発した

高橋留美子先生の大作です。

「うる星やつら」や「らんま1/2」のように常識離れした超能力者や怪力を持つ人物が出てきません。

つまり、普段の私たちの生活感が溢れています。

そして「犬夜叉」のようなシリアスな場面もそんなにありません。




高橋留美子先生の作品=[うる星やつら]、「らんま1/2」っという印象が意外と大きいそうです。
しかし、高橋先生の名作は「うる星やつら」だや「らんま1/2」だけでは、ありません。めぞん一刻も、また素晴らしい作品です。
めぞん一刻は徐々に人気を集めアニメ化にも至りました。
アニメ版はPM7:30〜8:00フジテレビで放映されました。



■作品のあらすじ
めぞん一刻はラブコメディをメインとした作品です。
ストーリの内容は、浪人生(大学受験)として登場する五代祐作と未亡人である音無響子(旧:千草響子)の結婚にいたるまでの話。アパートの住民や、彼等の周囲に生きる人達の生き方や考え方が鮮明に表現されています。
笑える、感動、泣ける、と三拍子揃っていて、ぜひ読んでもらいたい作品です。人気は日本だけに留まらずフランスといった海外でも大好評です。その作品の「良さ」は、読んでいただければ、ご理解になられると思います。(^-^)


■連載時期
ビックコミックスピリッツ(小学館)誌上において、創刊号である1980年11月号から1987年の19号にかけて全161話が連載されました。ビッグコミックスピリッツは創刊当初月刊でしたが、月2回刊からさらに週刊へと変わり、掲載の頻度は増えていきました。

当作品と並行し、作者の高橋留美子先生は「うる星やつら」を連載し、小学館の少年向けと青年向けの各漫画雑誌の看板作家の一人でした。しかし作者は、双方とも自分の20代の作品だとして同時期に完結させています。



■他の大作るーみっく作品にはない異色の作品
「うる星やつら」や「らんま1/2」のようなドタバタ感はないですが
ちょっと大人のラブコメディーはこの作品独特のものがあり
逆にうる星やつら」や「らんま1/2」では表現することができないものがあります。

主人公「五代裕作」の浪人生活、大学生活、就職活動など、
我々一般人が経験することをこの作品の主人公は経験する事になります。そんな生活感溢れる昭和50年代を楽しみつつ、
読んでもらえるきっかけになってもらえれば幸いです。




  

▲うる星やつらは「サンデー」で掲載

めぞん一刻は「ビックコミックスピリッツ」で掲載されていた。。




▲完結編は映画で放映された。
TVアニメ化もされた。



画像の引用元
「めぞん一刻」 全巻
「めぞん一刻 完結編」


うる星やつら&めぞん一刻憩いの場へ戻る